Top > 子育て > 赤ちゃんのうんちの色から健康状態を知る

赤ちゃんのうんちの色から健康状態を知る

赤ちゃんのうんちの色は、大人と違って色やかたちがすごく変化に富んでいます。

 

オムツを替えるときに、ギョッとした経験をおもちのお母さんも少なくないのではないでしょうか?

 

赤ちゃんのウンチの色というのは個人差があって、必ずしもこの色だから絶対に体調が悪いというようなことはありません。

 

最終的には赤ちゃんの機嫌や熱のあるなしなど総合的にチェックして、病院に行くかどうかを決める必要があります。

 

それでも一般的な傾向として、元気なときのうんちの状態、また体調の悪いときの状態というのは以下のような場合が多いようです。

 

 

・黄色うんち

黄色うんちは、理想の色と言われています。腸の働きも良くて、便秘でもない状態です。食欲があって機嫌も良いなら心配はいらないでしょう。

母乳栄養のほうがミルク栄養の赤ちゃんに比べて黄色になることが多い傾向があります。また離乳食がスタートすると、腸内の細菌バランスが変化するために、段々と茶色に近く変化していくようです。

大人に近い腸内環境になっていくためですが、これも元気なうんちの部類といえます。

 

・緑色うんち

緑色うんちも黄色うんちの仲間で元気な状態を表しています。ミルク栄養の赤ちゃんは緑色になりやすい傾向があるようです。

緑色だと心配してしまうことがあるかもしれませんが、これは黄色の色素が酸化した状態であり、本来は黄色なので心配はないのです。

赤ちゃんの機嫌がよくて食欲があるなら健康と思ってよいでしょう。

 

・白色うんち

白色のうんちが出たらちょっと注意が必要です。病気が原因になっていることが多いからです。

白い便になる病気としては。白色便性下痢症というウイルスによる病気、胆道閉鎖症といって胆道が塞がってしまう病気などの可能性があります。これらは早めに病院でみてもらう必要があります。

 

 

・赤色・黒色のうんち

赤色うんち、黒色うんちはいずれも出血による場合がありますから、要注意です。

しかし、食べ物の色素がそのまま出ているだけということもありますから、よく見分ける必要があります。

出血による場合は、うんちの出口に近いところから出血ほど赤い鮮血にあることが多いようです。このような場合は、肛門が切れているなどの原因が考えられます。

また赤黒い色や黒い色の便は胃腸など肛門から遠いところの出血も疑われます。

このような出血を伴う病気としては、腸重責症、細菌性大腸炎、腸粘膜下リンパ濾胞増殖症、切れ痔などが可能性として考えられます。

いずれにしても早めに病院に連れて行きましょう。その際は、うんちのついたオムツをビニール袋に入れて、医師に見てもらうようにするとよいでしょう。

 

 

これらの色は個人差があって、またこれらのどれにも当てはまらないような色になることもあるかもしれません。

 

いずれにしても、赤ちゃんの機嫌や食欲とあわせて総合的に健康状態を判断することが大切です。ファムズベビーが乳児湿疹に効く理由

 

 

子育て

関連エントリー
赤ちゃんのうんちの色から健康状態を知る