Top > 便秘 > 赤ちゃんの便秘対処法のひとつ綿棒浣腸とは?

赤ちゃんの便秘対処法のひとつ綿棒浣腸とは?

赤ちゃんのウンチがとても出にくいときは綿棒を使って刺激してみましょう。

 

赤ちゃんのうんちが出にくくなる原因としては、水気不足で硬くて出にくくなったり、うんちの質が悪いために腸に滞留しているなどが考えられます。

 

このようなときはとどまっているうんちが腐敗発酵してガスを発生するので、臭いおならはよく出るけどうんちは何日も出ないということがあります。

 

綿棒にオイルをつけて肛門から入れ、腸の出口にあたる直腸を刺激してあげると反射反応で腸が活発に動き出して出やすくなります。

 

綿棒でたまったうんちをかき出すのだと勘違いする方もおられるようですが、かき出すのではなく刺激を与えるのが目的です。

 

ですから、きちんと刺激を与えるようなやり方で行なわないとなかなか成功しません。

 

ポイントとしては、ひとつは綿棒を入れる深さです。

 

デリケートな赤ちゃんの体なので、心配になって浅くしか綿棒を入れることができない場合もあるようです。もちろん深く入れすぎてはいけませんが、目安として綿棒の先が隠れるぐらいの1cm~2cmぐらいを入れなければ刺激になりません。

 

もうひとつは、実施する長さも関係します。

 

短すぎるとやはり効果は薄いようですから、出るまで1回につき2分程度を目安に行なうとよいようです。

 

それ以上長く行なうのは赤ちゃんに負担となるので注意しましょう。

 

 

ところで綿棒浣腸をしようとするときに、赤ちゃんが泣いて暴れるなどしてなかなかできないことがあります。

 

綿棒をお尻に入れているときに、赤ちゃんが動くと直腸などを傷つけてしまうこともあり、危険です。

 

なるべく一人ではなく、二人で行うようにし、もう一人の人は赤ちゃんの足をしっかりと押さえておきようにしてください。

 

赤ちゃんが泣くのは、普段と違うことをするために緊張したり、不安になって泣くのかもしれません。

 

注意を他に向ける工夫が必要です。

 

赤ちゃんは仰向けになってオムツ替えのときの体勢で寝ていると思いますから、天井からおもちゃなど赤ちゃんの興味を引くものを吊り下げてみるのもよいかもしれません。

 

また綿棒浣腸しながらも楽しい歌やお話をしてあげるのも一つの方法です。

 

一方で、痛がって泣いている場合もあるので注意が必要です。

 

浣腸する前に肛門付近に傷や出血がないどうかよく確認し、もしある場合には綿棒浣腸はやめて小児科で診てもらいましょう。

 

硬すぎる小石のようなうんちが見え隠れしている場合も綿棒浣腸は向いていません。

 

痛がる様子があるなら中止し、不快感から泣いているなら注意をそらす工夫をして試してみましよう。

 

綿棒浣腸によって無事うんちが出たなら、今度は便秘を繰り返さないための対策が肝心です。便秘のための青汁おすすめはこちら

 

便秘

関連エントリー
赤ちゃんの便秘対処法のひとつ綿棒浣腸とは?赤ちゃんが便秘の時の綿棒浣腸は何回ぐらい行ったらいいか